フェイスリフトで無敵肌|悩みが吹き飛ぶ!

ウーマン

肌にハリをもたらす治療

婦人

ウルセラは、超音波で弾力やハリを出し切らずにリフトアップ出来る治療として人気が高い美容機器を使った治療になります。治療を受ける際は、解剖学に詳しい専門の外科医が担当するクリニックを選ぶようにすると良いでしょう。

Read More..

メスを使わない手軽な施術

女の人

メスを使用しないプチ整形のボトックス治療は、様々な効果があるアンチエイジング施術です。しわ対策としてよく活用されますが、多汗症・ワキガの解消にも役立ちます。ボトックス治療を受ける前には使用するボトックスの種類、医師の技術などを確認しておきましょう。

Read More..

肌細胞を元気にするケア

女性

肌細胞を元気にするサーマクールは、高周波を使用して肌を引き締めることができます。メスを使用せずリフトアップ効果が期待でき、肌代謝が上がるのでたるみ・しわ・ほうれい線の治療にも効果的です。すぐにアンチエイジングを実感したい方におすすめのケアであり、肌への刺激も非常に弱いので安心です。

Read More..

たるみ取りの方法とは

ウーマン

施術によって効果も様々

フェイスリフトにも様々な方法があり、選ぶ施術で効果も大分違ってきます。メスを使って切るリフトアップは額や頬、首等のたるみが気になる部分に施術を行っていきます。顔全体の皮膚はつながっていますので、一か所に施術を行うと他の部分のたるみまで解消されるケースもあります。他にも糸を使って引き上げるフェイスリフトもあり、以前は切るリフトアップの補助的な役割として利用されていました。現在ではこの施術をメインに行う人も多く、溶ける糸が用いられることもあります。体への負担が小さい方法として定着しているのはレーザー治療や超音波、高周波等です。照射系は改善の仕方が穏やかでゆっくりとしていますが、肌質改善にも効果があります。

影響の少ない方法を選ぶ

フェイスリフトを受けると決めた場合でも、日常生活に支障が出ると分かるとためらってしまいます。施術後に腫れたり痛みが現れたり傷が目立ってしまうと、周囲の人の目が気になってしまいますので気持ちも落ち着きません。なるべく日常生活に与える影響の少ない方法を選ぶためには、ダウンタイムが短くて腫れや痛みがあまり起こらない方法を探す必要があります。傷跡も目立たないものがベストであり、効果の持ちの良さも重要なポイントです。フェイスリフトを行ってから少ししか経たないのに効果が薄れてきたり、施術後に満足のいくレベルにまで達していないと、別の方法でのフェイスリフトを試したくなります。短い期間で何度も行うのは効率が良くありません。